新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

皮膚の病気

あせも

投稿日:

<どんな病気?>
汗腺の出口が汗やホコリ、アカなどでふさがり、汗が皮膚の中で炎症を起こします。赤ちゃんは新陳代謝が激しいため汗をかきやすく、首や手足の関節がふっくらしているため、あせもになりやすいのです。

<治療>
かゆみから皮膚をかきこわし、黄色ブドウ球菌が感染して化膿すると、痛みがあって発熱を伴う、「あせものより」と呼ばれるおできができます。軽い症状の場合はホームケアで自然に治ります。あせもの数が多い、範囲が広い、なかなか治らない、ひどくかゆがる場合は診察を受けましょう。症状がひどいときは弱いステロイド薬入り塗り薬が処方されます。

<予防&ケア>
汗をかかないように室内を適温にし、通気性のいい衣類を選ぶなどして、涼しい環境を整えますこまめにシャワーや着替えを行うことも大切です。服は薄手で通気性・吸水性のいい綿100%素材のものが汗を発散・吸収するのでおすすめです。入浴時、あせもはガーゼでこすらず、石けんを使って手で優しく洗います。かきこわして悪化させないよう爪を切るのも忘れないようにしましょう。

-皮膚の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.