新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

アレルギーの病気

アトピ-性皮膚炎

投稿日:

<どんな病気?>
かゆみのある湿疹が長期間にわたって悪くなったり、落ち着いたりするという特徴を持つ皮膚炎です。赤ちゃんの場合、1?3ヶ月頃に、顔の湿疹、頭皮の乳児脂漏性湿疹などから発症し、だんだんと首、全身に広がっていくことが多いようです。
湿疹は、顔、頭皮、耳たぶの下、首、関節の曲がる部分にできやすい傾向があります。生まれつきの体質と生まれてからの環境が複雑に影響し、かゆみのために皮膚を引っかいてさらに症状を悪くするという悪循環に陥りやすいようです。

<治療>
症状の出ている部位や症状の強さに応じてステロイド薬などの塗り薬を塗ります。ステロイド薬は怖いというイメージがありますが、使い方を間違わなければ心配は無いようです。ひどくなってから使うよりもひどくないうちに使ってしっかり症状を落ち着かせ、少しずつ弱い薬に切り替えるのが上手な使い方です。

<予防&ケア>
普段のスキンケアが大事です。入浴時はぬるま湯を使い、石けんで汗や垢などの汚れを落としましょう。石けんはよく洗い流してタオルで優しく拭き、乾燥する前に処方された薬を塗ります。

-アレルギーの病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.