新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

関節・骨・筋肉の病気

ばね指

投稿日:

<どんな病気?>
指の曲げ伸ばしには屈筋腱という腱の働きが必要です。この腱には腱鞘というトンネルがついています。屈筋腱の一部に何らかの理由で小さなこぶができてしまい、このこぶが腱鞘のトンネルに引っかかって曲げ伸ばしができなくなるのが「ばね指」です。多くは親指に発症し、痛みはありません。

<ケア>
屈筋腱にできたこぶはほとんど大きくなりません。成長とともに腱鞘のトンネルが大きくなれば、引っかかりはなくなります。半数は1才以内に治ります。4~5才になっても治らないときは装具を装着したり、腱鞘の切開手術を行うことがあります。

-関節・骨・筋肉の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.