新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

目の病気

鼻涙管閉塞症

投稿日:

<どんな病気?>
涙は目頭の穴から鼻への通路を通って鼻腔へ流れます。この通路(鼻涙管)が詰まってしまう病気で、目がうるみ、涙があふれてきます。生まれつき鼻涙管がふさがっている先天性鼻涙管閉塞症の場合もあります。

<治療>
よくなったり悪くなったりの繰り返しですが、生後2ヶ月くらいまでに約60%が自然に治ります。結膜炎や涙点から膿が出る涙嚢炎(るいのうえん)の症状が出たら早めに専門医を受診しましょう。抗生物質入りの点眼薬を使い、目頭を軽く押すマッサージをすると1ヵ月ほどで治ることもあります。それでも治らない場合はブジーという細い針金を鼻涙管に通し、ふさいでいる薄い膜を破る処置をします。多くは1?2回でよくなります。効果がない場合、または2歳を過ぎても改善しない場合は、チューブを入れて鼻涙管を通す手術が必要になる場合もあります。

<予防&ケア>
マッサージをするときは、涙嚢のあたりをママの指で軽く押す方法で行います。

-目の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.