新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

「呼吸器の病気」 一覧

no image

クループ

2017/04/10   -呼吸器の病気

主にウイルスが原因で声帯付近にある喉頭に炎症を起こす病気です。声帯付近の粘膜がむくむので、声がかすれたり「ケンケン」と犬がほえるようなせきをする症状が特徴です。進行すると息を吸うときに「ヒューヒュー」 ...

no image

肺炎

2017/04/10   -呼吸器の病気

細菌やウイルス、マイコプラズマなどの病原体が肺の中にまで入り込んで炎症を起こした状態です。病原体にもよりますが、高熱としつこいせき、呼吸数が多くなるなどが主な症状です。細菌性の肺炎は呼吸困難の症状が重 ...

no image

急性細気管支炎

2017/04/10   -呼吸器の病気

呼吸器系の奥にあるとても細い気管支が炎症を起こした状態が急性細気管支炎です。冬から春にかけて、主に1才以下の赤ちゃんがかかる病気です。ウイルス感染が主な原因で、急性細気管支炎を起こすことで有名なウイル ...

no image

急性細気管支炎

2017/04/10   -呼吸器の病気

気管支炎の中でも、ぜんそくのようなゼーゼーした呼吸が主な症状に成ってくる場合を「ぜんそく様気管支炎」と呼ぶことがあります。主に乳幼児期にかかることが多く、あとになってぜんそくの診断がつくこともあります ...

no image

急性気管支炎

2017/04/10   -呼吸器の病気

風邪症候群が呼吸器系の奥まで進行して、気管支の粘膜で炎症を起こした状態です。多くはウイルスが原因ですが、細菌感染が原因のこともあります。高熱とたんのからんだしつこいせきが特徴で、乾いたせきから始まって ...

no image

咽頭扁桃炎

2017/04/10   -呼吸器の病気

喉の奥の扁桃腺にウイルスや細菌が感染して炎症を起こした状態が咽頭扁桃炎です。発熱、頭痛、吐き気などの症状から始まり、進行して扁桃腺の腫れがひどくなると、喉が痛くておっぱいやミルクが飲めなくなったり、離 ...

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.