新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

「皮膚の病気」 一覧

no image

水いぼ(伝染性軟属腫)

2017/04/10   -皮膚の病気

伝染性軟属腫ウイルスの感染によって起こります。直径1?3mmくらいでみずみずしくて光沢があり、白や肌色、赤い色のいぼが胴体、ひじ、ひざの裏側、股などを中心に全身にできます。よく見るといぼの中心が少しへ ...

no image

じんましん

2017/04/10   -皮膚の病気

境界線のはっきりした赤い、ときには白い皮膚の盛り上がりが突然現われます。全身どこにでもでき、かゆみが強いのが特徴です。食べ物、薬、細菌・ウイルス感染、虫刺され、ストレス、日光、温度差などによるアレルギ ...

no image

皮膚カンジダ症

2017/04/10   -皮膚の病気

カンジダ菌というカビの一種に感染して皮膚が炎症を起こす病気です。おむつかぶれはおむつが当たる部分にだけ湿疹ができますが、カンジダ菌が原因の場合はくびれやしわの中にまで広がります。皮膚が赤くなってぶつぶ ...

no image

とびひ

2017/04/10   -皮膚の病気

湿疹、あせも、すり傷、虫刺されなどをかきこわした傷口に、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌が感染して起こる病気です。強いかゆみがあり、かいて水疱の膜が破れると、感染力の強い細菌を含んだ液が飛び散って、 ...

no image

虫刺され

2017/04/10   -皮膚の病気

ダニ、蚊、ハチ、毛虫などに刺され、赤く腫れたり水泡ができたりして、熱が出ることもあります。かきむしると水疱になり、それが破れて化膿し、とびひになることもあります。腫れてかたい発疹が出たり、慢性化して症 ...

no image

あざ

2017/04/10   -皮膚の病気

皮膚の色素細胞や皮膚の血管の先天的な異常や増殖によって起こります。赤(サーモンパッチ、ウインナ母斑、いちご状血管腫、ポートワイン母斑)、青(異所性蒙古斑、太田母斑)、黒(先天性色素性母斑)、茶色(カフ ...

no image

あせも

2017/04/10   -皮膚の病気

汗腺の出口が汗やホコリ、アカなどでふさがり、汗が皮膚の中で炎症を起こします。赤ちゃんは新陳代謝が激しいため汗をかきやすく、首や手足の関節がふっくらしているため、あせもになりやすいのです。 かゆみから皮 ...

no image

おむつかぶれ

2017/04/10   -皮膚の病気

おむつをあてている部分がうんちやおしっこ、おむつなどの刺激で炎症を起こし、真っ赤にただれます。うんちがやわらかく、おしっこの回数が多い低月齢の赤ちゃんや夏に多く見られます。 最初はおむつがあたる部分が ...

no image

乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹

2017/04/10   -皮膚の病気

赤ちゃんの顔や体に出る湿疹を総称して乳児湿疹と呼びます。食べこぼしや、よだれ、汗などが原因で、赤くカサカサになり、かゆみがあります。中でも多くの赤ちゃんに見られるのが乳児脂漏性湿疹で、生後2週間から1 ...

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.