新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

口・歯の病気

鵞口瘡(口腔カンジダ症)

投稿日:

<どんな病気?>
栄養状態が悪かったり、抵抗力が弱っているときに赤ちゃんの口の中にカンジダ菌が増えて、頬の内側や舌の表面、歯ぐきなどに白い乳カスのようなものが点状、地図状につく病気です。ママの乳首が不潔だったり、不潔なガーゼで口の中を拭いたりして感染することもあります。お湯を飲ませたり、拭いたりしてもなかなか取れませんが、特に痛みやかゆみはありません。

<治療>
赤ちゃんが元気で食欲もあるなら、そのままほうっておいても自然に治ります。ときに哺乳障害の原因になりますが、無理に取り除こうとすると傷つけてしまうので経過を見るだけにしましょう。広がるようなら早めに受診しましょう。治療には抗真菌薬をよく使います。これを1日に1?2回、綿棒で患部に塗ります。

<予防&ケア>
清潔なガーゼでよだれをこまめに拭いたり、哺乳びんや乳首を清潔に保つことが大切です。数日から1週間で治りますが、再発しやすいので注意しましょう。

-口・歯の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.