新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

目の病気

眼瞼下垂

投稿日:

<どんな病気?>
上まぶたが上がらずに垂れ下がり、目がよく開かない状態です。ときに斜視を伴います。片方だけ、もしくは両目に症状が見られます。先天性のものと後天性のものがあり、先天性が約80%を占めています。後天性にはまれに重大な病気が関係していることがあるので注意が必要です。
原因はまぶたを引き上げる筋肉の発達が不十分なことが多く、筋肉を動かす神経の働きが悪い動眼神経まひ、交感神経まひ、重症筋無力症、まぶたの腫瘍によることもあります。まれですが、脳腫瘍、脳動脈瘤などの病気で起こる場合もあります。

<治療>
あごを上げて物を見る、まぶたを上げるような仕草をするときは、眼科を受診しましょう。先天性のもので症状が軽い場合は経過観察となります。後天性のものは原因を探るために精密検査をし、原因となっている病気を治療します。上まぶたで瞳が覆われてものが見えないときは、弱視になる可能性があるため、なるべく早く手術をします。屈折異常を伴う場合は眼鏡による矯正が必要なこともあります。

-目の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.