新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

呼吸器の病気

肺炎

投稿日:

<どんな病気?>
細菌やウイルス、マイコプラズマなどの病原体が肺の中にまで入り込んで炎症を起こした状態です。病原体にもよりますが、高熱としつこいせき、呼吸数が多くなるなどが主な症状です。細菌性の肺炎は呼吸困難の症状が重くなる傾向があります。マイコプラズマ肺炎は幼児?学童期に比較的多く、高熱が長く続くことがあります。

<治療>
ウイルスによる肺炎の場合、特効薬はないので、症状を和らげる治療が中心になります。最近やマイコプラズマなどによる肺炎には適切な抗生物質を使って治療します。薬を飲んでもよくならない場合は、どのような病原体が原因なのかを調べる培養検査などを行うこともあるので、場合によっては入院治療が必要になります。

<予防&ケア>
脱水症状を起こさせないように注意し、水分を十分に取らせることが大切です。湯冷まし、麦茶、ベビー用イオン飲料など、水分を十分与えてあげてください。ただし、一度に大量に飲ませるとせき込んだときに一緒にはいてしまうことがあるので、少量ずつこまめに飲ませましょう。高熱とせきで体力を奪われるので安静にし、のどごしのいい食事をあげましょう。解熱薬は用法・用量を守り、使いすぎないようにしましょう。

-呼吸器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.