新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

症状から見る病名の目安

鼻の様子が気になる

更新日:

赤ちゃんは鼻の穴がとても小さく粘液も敏感なため、少しの気温の変化やホコリなどの刺激で鼻水が出ます。鼻水が出ていても元気があって、食欲があれ ば様子を見守っても大丈夫です。ですが、サラサラとした鼻水が続くときはアレルギー性鼻炎が疑われ、黄色っぽくドロドロしてきたら風邪のウイルスに感染し た可能性もあります。
鼻水のほかに発熱は無いか、機嫌はいいかなど全身の健康状態もチェックして、気になるときは受診しましょう。鼻水が出ている ときは綿棒や鼻吸い器で取り除いてあげてください。また、温めたタオルやガーゼを鼻の付け根に当てると鼻どおりがよくなります。水分補給もこまめにしま しょう。頭を打った後に鼻血や髄液(透明な液体)が出たとき、なかなか鼻血が止まらないときはすぐ病院へ行きましょう。

 

鼻が詰まって苦しそう 突然鼻が詰まった 鼻腔異物
黄緑色の膿のような鼻水が出る 鼻の下がただれている 副鼻腔炎(急性)
鼻づまりとともにドロッとした鼻水が出る。いびきやたんが1週間以上出ている 副鼻腔炎(慢性)
鼻水が出たり、鼻が詰まっている 熱は無い 目やにが出たり、目をかゆがっている様子がある アレルギー性結膜炎
鼻水は透明で水っぽく、またくしゃみも出る アレルギー性鼻炎風邪症候群
熱がある しだいにドロッとした鼻水が出るようになり、いびきをかくことが多い 副鼻腔炎(慢性)
せきが出たり、物を飲み込むのを嫌がる インフルエンザ風邪症候群

-症状から見る病名の目安

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.