新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

感染症

ヘルパンギーナ

投稿日:

<どんな病気?>
コクサッキーA群ウイルスやエコーウイルスなどの夏風邪のウイルスによって起こる病気です。急に39度前後の高熱が出て、のどの奥に小さな水疱が数個?十数個できます。そのため、のどが腫れて痛くなり、よだれがたくさん出るようになります。
2?3日して水疱が破れるとさらに痛みがひどくなるため、つばを飲むのもつらくなり不機嫌で食欲も落ちます。下痢や鼻水を伴うこともあります。熱は2?3日で下がり、水疱も1週間ほどで治ります。

<治療>
安静にしていれば自然に治ります。ただし、水分も取れないほど喉が腫れたり、高熱で苦しそうなときは必ず診察を受けて、現れている症状を和らげる薬を処方してもらいましょう。

<予防&ケア>
口の中が痛むので食事は熱いもの、すっぱいもの、刺激の強いものなどを避けます。豆腐やゼリー、プリンなど、やわらかくて冷たく、薄味でのどごしのいいものを少しずつ与えましょう。湯冷まし、麦茶、ベビー用イオン飲料など、水分補給を欠かさ内容に注意してください。

-感染症

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.