新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

消化器の病気

肥厚性幽門狭窄症

投稿日:

<どんな病気?>
飲んだおっぱいやミルクが胃から十二指腸にうまく流れず、逆流して吐いてしまう病気です。胃の出口の十二指腸につながる幽門という部分の筋肉が異常に厚くなるために起こります。男の子に多く見られます。それまでおっぱいやミルクを飲んでいた赤ちゃんが生後2?4週間頃から授乳後に吐くようになります。
最初はたまに口の中にあふれる程度だったのがしだいに回数が増え、飲んだ直後に噴水のように勢いよく吐くようになります。吐いた後はケロッとしていることが多いようです。激しい嘔吐が続くため、脱水症状を起こしやすくなります。飲んだおっぱいやミルクのほとんどを吐いてしまうので、当然体重は増えず、逆に減少することもあります。

<治療>
おっぱいやミルクを激しく吐き続け、体重が増えないときは早めに受診しましょう。肥厚性幽門狭窄症であるかどうかは、超音波検査で診断できます。診断がついたら、幽門の部分を切開して広げるラムステッド手術を行うこともあります。安全性の高い手術なので、後遺症の心配はありません。手術のほかには硫酸アトロピンという薬が使われることもあります。

-消化器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.