新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

血液の病気

貧血

投稿日:

<どんな病気?>
赤血球に含まれるヘモグロビンは酸素と結合してからだのすみずみに運ぶ役目をしていますが、このヘモグロビンの濃度が正常より低くなった状態を貧血と言います。
ヘモグロビンが減ると、筋肉や脳などの体の各組織に十分な酸素が供給されず、組織がうまく働くことができなくなります。そのため、乳幼児では機嫌が悪く、食欲が無い、顔色が青白い、体重が増えないなどの症状が現れます。

<治療>
貧血の診断のために血液中の赤血球数、白血球数、血小板、ヘモグロビンの量などを検査します。貧血の原因によって治療法は異なります。赤ちゃんに最も多い鉄欠乏性貧血は鉄剤の服用が必要です。治療を行うと症状は速やかに改善しますが、鉄分をある程度貯蓄しなければならないため、一定期間の服用が必要です。
鉄欠乏性貧血は繰り返すことが多いので、ヘモグロビン値が正常になったあとも、赤身の肉や魚、レバーひじきや小松菜などの鉄分を多く含む食品を毎日の献立に取り入れるように工夫しましょう。

-血液の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.