新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

新生児のお世話

保育施設の選び方

投稿日:

赤ちゃんが生まれた後も仕事を続ける予定なら、子どもの保育をどうするか、夫婦でよく話し合っておくことが大切です。保育所への送り迎え、子どもが病気のときなどお互いに仕事を調整し、ママだけに負担がかからないようにしましょう。
地域の保育事情は、事前によく調べてください。担当は市区町村の保育担当課です。公立・私立の認可保育所のほか、地域によっては自宅の一部を使って子どもを預かる「保育ママ制度」もあります。場所や空き状況、対象年齢、保育時間、入所条件、入所の手続き、保育料などを窓口で十分説明を聞き、相談しましょう。
赤ちゃんが生まれると出歩けないこともあるので、産休に入ったら、一度保育担当課をたずねておくことをオススメします。時間外保育や延長保育を実施している場合は、その時間帯の保育制度がどうなっているかなども、確認しておきましょう。

★ 保育施設の選び方10か条

1.まずは情報収集を
市区町村の保育担当課で、情報の収集や相談をしましょう。

2.事前に見学を
決める前に必ず保育施設を見学しましょう。
3.見た目だけで決めない
キャッチフレーズ、建物の外観や壁紙がきれい、保育料が安いなど、見た目だけで決めるのはやめましょう。

4.部屋の中まで入って見て
見学のときは必ず、子どもたちがいる保育室の中まで入らせてもらいましょう。
5.子どもたちの様子を見て
子どもたちの表情が生き生きしているか、見てみましょう。
6.保育する人の様子を見て
保育する人の数が十分か聞いてみましょう。
保育士の資格を持つ人がいるか聞いてみましょう。
保育する人が笑顔で子どもたちに接しているか、見てみましょう。
保育する人の中には経験が豊かな人がいるか、見てみましょう。

7.施設の様子を見て
赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか、子どもたちが十分に動き回れる広さがあるか。
遊び道具がそろっているかを見て、外遊びをしているか聞いてみましょう。
日当たりや風通しがいいか、清潔か。
災害のときのための避難口や避難階段があるか。

8.保育の方針を聞く
園長や保育する人から、保育の考え方や内容について聞いてみましょう。
どんな給食が出ているか確認。
連絡帳などでの家庭との連絡や参観の機会などがあるか聞きましょう。

9.ぐずりだしてら周りの人もつらいものです。気配りを心がけて
預け始めてからも折りに触れて、保育の仕方や子どもの様子を見てみましょう。
10.不満や疑問は率直に
不満や疑問があれば、すぐに相談してみましょう。誠実に対応してくれるでしょうか。

-新生児のお世話

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.