新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

感染症

百日ぜき

投稿日:

<どんな病気?>
百日ぜき菌の飛沫感染によって起こります。初めは咳、鼻水などの風邪症状が現れますが、熱は出ません。その後、とくに夜の咳が目立つようになり、コンコンと短い咳をしたあと最後に「ヒュー」と息を吸い込む特徴的な咳が出ます。このせきは1ヵ月半?2ヶ月続きます。
ママから免疫をもらえない病気なので、新生児でもかかることがあります。6ヶ月以下の赤ちゃんの場合は、特徴的なせきはあまり出ず、鼻が詰まったようになったり、チアノーゼ(爪や唇が紫色になる状態)を起こすこともあります。

<治療>
治療は「エリスロマイシン」などの抗菌薬を使用します。早めに使用できれば症状を軽くすることが期待できますが、典型的な咳が出始めてからではあまり症状の改善は期待できません。なるべく早い時期に予防接種を受けましょう。

<予防&ケア>
なるべく安静にしてせき込まないようにします。食べ過ぎるとせきとともに吐くことがあるので、少量ずつ食べさせましょう。苦しそうなときは、たて抱きにしたり状態を起こしてあげると呼吸が楽になります。

-感染症

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.