新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

呼吸器の病気

咽頭扁桃炎

投稿日:

<どんな病気?>
喉の奥の扁桃腺にウイルスや細菌が感染して炎症を起こした状態が咽頭扁桃炎です。発熱、頭痛、吐き気などの症状から始まり、進行して扁桃腺の腫れがひどくなると、喉が痛くておっぱいやミルクが飲めなくなったり、離乳食が飲み込めなくなります。40度以上の高熱が続くことも多く、同時に首のリンパ節が腫れることもあります。喉の奥をのぞくと、扁桃腺が赤く腫れて、場合によっては表面に白いブツブツが付着していることがあります。

<治療>
ウイルス感染が原因のことが多く、その場合は熱を下げたり、喉の痛みを和らげる解熱鎮痛薬などを服用します。細菌感染が原因の場合は抗生物質を使います。

<予防&ケア>
高熱と喉の痛みによって、おっぱいやミルクが飲めなくなったり、食事が取れなくなったりするので、脱水症状を引き起こさないように注意しましょう。湯冷まし、麦茶、ベビー用イオン飲料など、水分を十分与えてあげてください。食べられないときは、ゼリーやプリン、スープなどのど越しがいいものにするなど工夫しましょう。睡眠を十分にとることも大切です。

-呼吸器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.