新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

消化器の病気

胃食道逆流症

投稿日:

<どんな病気?>
生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんに多く、授乳後ダラダラとおっぱいやミルクを吐きます。口から少しずつあふれる溢乳(いつにゅう)という吐き方が特徴的です。胃の入り口には噴門という部分があり、普段はここにある括約筋が胃の内容物の逆流を防ぐ働きをしていますが、この括約筋がうまく働かないと吐きやすくなります。
また、赤ちゃんの胃の形も原因のひとつです。大人の胃はくびれがあるそら豆のような形をしていますが、赤ちゃんの胃は小さく、筒のようにまっすぐなため、飲んだものが胃に収まらず食道に逆流しやすいのです。吐いても機嫌がよく、それ以外に心配な症状はありません。

<治療&ケア>
噴門部の機能は生まれてからゆっくり発達していくため、ほとんどの場合、生後6ヶ月までには自然に治ります。体重が増えているのなら様子を見ましょう。おっぱいやミルクを一度に与える量を減らし、何回かに分けて少しずつ飲ませるようにしましょう。
また、飲ませた後はすぐに寝かせず、たて抱きにするか上体を起こしておきましょう。それでも吐いてしまい体重が増えずに栄養不良になる恐れがある場合は、手術を行うこともあります。

-消化器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.