皮膚の病気

ウイルスや細菌が体内に侵入して、発熱などの症状を引き起こすのが感染症です。水疱瘡やおたふくかぜ、風邪、インフルエンザも感染症のひとつです。生まれたばかりの赤ちゃんは、ママからもらった免疫があるので感染症にかかるのはまれですが、生後6ヶ月を過ぎるとママからの免疫の効果が薄れ、赤ちゃん自身にも免疫を作る力が十分でないために、感染症にかかりやすくなります。
免疫力が弱い赤ちゃんは感染症にかかると重症になりやすいので、なんだか機嫌が悪い、体が熱い、食欲がないなど、いつもと違う様子が見られたら受診しましょう。また、病気によっては予防接種を受けることも大切です。

 

  • 風邪症候群・・・鼻腔、咽頭、喉頭の上気道が、ウイルスに感染
  • 突発性発疹・・・高熱が下がるとあせもに似た赤い小さな発疹ができます
  • インフルエンザ・・・高熱が出ることが多く、脳症や肺炎の合併症を起こすことも
  • 手足口病・・・口の中、手のひら、足の裏に発疹や水泡ができます
  • ヘルパンギーナ・・・突然高熱が出て、喉の奥に多数の水泡ができる
  • りんご病(伝染性紅斑)・・・発疹がレース状になって全身に広がっていきます
  • 水ぼうそう(水痘)・・・虫さされのようなかゆみを伴う発疹が全身に広がります
  • はしか(麻疹)・・・口の中の白い発疹が診断の大きな手がかりになります
  • 百日ぜき・・・コンコンと特有の乾いたせきが続き、呼吸が苦しくなります
  • 風疹・・・風邪のような症状から赤い発疹が出て3日ほどで消えます
  • おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)・・・耳の下の唾液腺が腫れ始め、唾液が出ると痛みます
  • 溶連菌感染症・・・高熱が出て喉が真っ赤に腫れ激しく痛みます
  • 結核・・・再び増加傾向のある病気。治っても後遺症を残す可能性が
  • 敗血症・・・重症の場合はショック症状を起こし最悪のケースも
  • 川崎病・・・全身の血管が炎症を起こす病気。原因はいまだに不明です

感染症-赤ちゃん病気辞典-記事一覧

<どんな病気?>上気道がウイルスの感染によって炎症を起こしたものです。主な症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり、せき、喉の痛み、発熱など。6ヶ月を過ぎるとママからもらった免疫がなくなり始め、それ以前に比べて感染症にかかりやすくなります。反対に3ヶ月頃までの赤ちゃんはあまり熱を出しませんが、もし発熱したらすぐに受診して原因を調べてもらいましょう。他の病気の可能性がないか確認してから初めて風邪と...

<どんな病気?>ヒトヘルペスウイルス6型の感染が原因で起こり、生後6ヶ月?1才くらいまでの赤ちゃんに多く見られます。突然38?39度の高熱が出て3?4日続きます。高熱のわりには比較的機嫌がよく、食欲もあまり落ちないことが多いようです。軽い下痢をしたり、咳などが出ることもあります。熱はすぐ下がり、熱が下がってから24時間以内に、あせもに似た赤くて細かい発疹が胸やおなかに出て全身に広がりま...

<どんな病気?>インフルエザウイルスに感染することで起きます。寒気を伴う高い熱が出ることが多く、全身のだるさ、席、喉の痛み、鼻水、頭痛、筋肉や関節の痛み、ときには吐き気、下痢などを伴います。高熱は1週間近く続き、月齢の低い赤ちゃんがかかると急性細気管支炎、もう少し大きい乳児や幼児も症状が長引くと急性気管支炎や肺炎、中耳炎を引き起こすこともあります。インフルエンザ脳症を合併すると重い後遺...

<どんな病気?>コクサッキーA16ウイルスやエンテロウイルス71などにより、手、足、口の中に発疹ができる病気です。まず、口の中の粘膜や舌、歯肉、唇の内側などに丘疹ができるので、痛みで食欲が落ちたり、痛くて飲み込めないためよだれが増えます。口の中と同時か少し遅れて手のひら、足の裏にも水泡ができ始めます。手や足の甲、ひじ、ひざ、おしりに丘疹が出ることもあります。熱は出ても37?38度台です...

<どんな病気?>コクサッキーA群ウイルスやエコーウイルスなどの夏風邪のウイルスによって起こる病気です。急に39度前後の高熱が出て、のどの奥に小さな水疱が数個?十数個できます。そのため、のどが腫れて痛くなり、よだれがたくさん出るようになります。2?3日して水疱が破れるとさらに痛みがひどくなるため、つばを飲むのもつらくなり不機嫌で食欲も落ちます。下痢や鼻水を伴うこともあります。熱は2?3日...

<どんな病気?>ヒトパルボウイルスB19の感染によって起こる病気です。主に乳児から小学校の低学年に多く見られます。まず、両側の頬が真っ赤なりんごのようになり、腕や太もも、おしりなどにも発疹ができます。体にできる発疹は初めは細かく、そのうちに広がってほかの発疹とくっつき、レース状の編み目模様になって広がります。かゆみを感じることもありますが、それほど強くはありません。元気な子どもの場合は...

<どんな病気?>水痘帯状疱疹ウイルスの感染によって起こります。37?38度くらいの熱と同時に、頭や顔に虫刺されのようなかゆみを伴う発疹が現われ、半日から2日ほどで全身に広がります。発疹は口の中やまぶた、陰部などの粘膜に広がり、やがて小豆大の水疱になります。さらに2?3日後には乾いてしぼみ、黒いかさぶたになって剥がれ落ちます。発疹ができてから大体10日前後で治ります。感染力が強いので、病...

<どんな病気?>麻疹ウイルスに感染することで起こる病気です。まず発熱、せき、くしゃみ、鼻水、目やになどの風邪症状が3?4日続きます。いったん熱は下がりますが、すぐに上昇し、口の中の頬の内側に小さな白いブツブツが数個?数十個見られます。これをコプリック斑といい、発疹が現われる前のはしか診断の重要な手がかりになります。発疹が現われると、顔や体に広がります。熱は3?4日続きます。発疹は1週間...

<どんな病気?>百日ぜき菌の飛沫感染によって起こります。初めは咳、鼻水などの風邪症状が現れますが、熱は出ません。その後、とくに夜の咳が目立つようになり、コンコンと短い咳をしたあと最後に「ヒュー」と息を吸い込む特徴的な咳が出ます。このせきは1ヵ月半?2ヶ月続きます。ママから免疫をもらえない病気なので、新生児でもかかることがあります。6ヶ月以下の赤ちゃんの場合は、特徴的なせきはあまり出ず、...

<どんな病気?>風疹ウイルスの感染によって起こる軽いはしかのような病気です。発疹が3日ほどで消えることから「三日ばしか」と呼ばれています。せきや鼻水など風邪のような症状から始まり、顔や耳の後ろに小さな赤い発疹が出て全身に広がります。発疹ははしかよりもまばらで小さく、色も薄くて色素沈着も残しません。発疹が出る少し前から耳の後ろや首のリンパ節が腫れて痛むこともあります。熱は37?38度くら...

<どんな病気?>ムンプスウイルスの飛沫感染によってうつり、耳下腺という唾液腺が炎症を起こし腫れ、痛みを伴う病気です。耳下腺の腫れは両側だったり、片側だけだったりします。また、耳下腺だけでなくあごの下の顎下腺が腫れることもあります。熱は38度前後であまり高くなりません。熱は2?3日でひき、4日?約1週間たつと腫れも引いてきます。10%くらいに髄膜炎の合併症が見られます。髄膜炎の場合は熱が...

<どんな病気?>溶血性連鎖球菌によって起こります。39度程度の高熱が出て、のどが真っ赤に腫れて激しく痛みます。物を飲み込むのがつらいため食欲が落ち、吐いたり頭痛がすることもあります。また、しょう紅熱という疾患をきたすこともあります。これは1?2日するとかゆみを伴う赤く細かい発疹が出て、やがて全身に広がり、そのあと舌にも赤いブツブツができて、いちごのように真っ赤になる病気です。回復期に指...

<どんな病気?>結核菌の感染により起こります。発熱、食欲不振、体重減少などが主な症状で、大人と違って赤ちゃんの結核はせきで始まることはまずありません。赤ちゃんの結核は大人とは異なりきわめて重症になりやすいので、すぐに入院して薬物療法などを行う必要があります。感染しているかどうかはツベルクリン反応やX線検査などで判断しますが、診断は難しく、医師が結核を疑うきっかけとして周囲に結核患者がい...

<どんな病気?>血液中に細菌が増殖し、その細菌が作りだした毒素が血液で全身に運ばれる一種の中毒症です。健康な場合は細菌に対する抵抗力があるので、細菌が血液中で増殖することを抑えられるのですが、抵抗力が弱い赤ちゃんや病気などで衰弱している場合は、細菌の増殖が起こりやすくなります。発熱、なんとなく元気が無い、顔色が悪いなどはっきりしない症状が多く、新生児期では発熱さえ見られないこともあるよ...

<どんな病気?>全身の血管が炎症を起こす病気で、原因は今のところ不明です。生後6ヶ月?1歳半の乳児期が患者の約8割を占めます。この病気にかかると、●40度近い高熱が5日以上続く●手足が赤くなり腫れてパンパンになる●さまざまな形の発疹が出る●目が充血する●唇が口紅を塗ったように真っ赤になり、舌も赤くブツブツしたいちご舌になる●頸部のリンパ節が腫れるなどの症状が現れます。これらの症状が1?...