新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

皮膚の病気

皮膚カンジダ症

投稿日:

<どんな病気?>
カンジダ菌というカビの一種に感染して皮膚が炎症を起こす病気です。おむつかぶれはおむつが当たる部分にだけ湿疹ができますが、カンジダ菌が原因の場合はくびれやしわの中にまで広がります。皮膚が赤くなってぶつぶつができ、その周辺の薄皮がむけたり、小さな水疱や膿を持った膿疱ができることもあります。
健康な皮膚との境目が比較的はっきりしていて、その境目に小膿疱や薄皮のついた小水疱がみられます。

<治療>
おむつかぶれと皮膚カンジダ症は治療方法が違います。自己判断せずに受診し、カンジダ菌の有無を調べてもらいましょう。菌が見つかれば抗真菌薬入りの塗り薬を使って治療します。

<予防&ケア>
おむつをこまめに取替え、入浴時には石けんを使ってよく洗い、患部を清潔にします。そのあとはおしりのしわの部分もよく伸ばして、中まで丁寧に拭きます。カンジダ菌は乾燥に弱いので、しっかり乾かしてあげましょう。

-皮膚の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.