新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

感染症

川崎病

投稿日:

<どんな病気?>
全身の血管が炎症を起こす病気で、原因は今のところ不明です。生後6ヶ月?1歳半の乳児期が患者の約8割を占めます。この病気にかかると、

●40度近い高熱が5日以上続く
●手足が赤くなり腫れてパンパンになる
●さまざまな形の発疹が出る
●目が充血する
●唇が口紅を塗ったように真っ赤になり、舌も赤くブツブツしたいちご舌になる
●頸部のリンパ節が腫れるなどの症状が現れます。
これらの症状が1?2週間ほどで消えた後、手や足の皮膚がペロッとむけます。また、心臓の血管の一部にこぶのようなもの(冠動脈瘤)ができることがあり、一過性のものと後遺症としてずっと残ってしまう場合があります。冠動脈瘤があると血管が詰まってしまうこともあります。

<治療>
ガンマグロブリンという薬の点滴を受けますが、発熱など急性期の症状が治まり、冠動脈瘤ができているかどうかを確認するまでの間は入院の必要があります。冠動脈瘤が見つかった場合は心臓専門医による薬物療法と定期健診を行います。冠動脈瘤が見つからなかった場合も数年間は心臓の検査が必要です。

-感染症

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.