新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

目の病気

結膜炎

投稿日:

<どんな病気?>
結膜が炎症を起こす病気。ウイルスなどの微生物、細菌、アレルギー、目をこするなどの物理的な刺激など、さまざまな原因で起こります。
★ウイルス性結膜炎
ウイルスが感染して起こる非常にうつりやすい病気です。ほとんどは単純性ですが、夏風邪を併発することもあります。プール熱、急性出血性結膜炎、流行性角結膜炎などがあります。

★細菌性結膜炎
汚れた手で目をこすって起こります。黄色っぽい目やにが出ます。

<治療>
ウイルス性結膜炎には、抗生物質入りの点眼薬や塗り薬が処方されます。完治するまでには2~3週間かかり、その間周囲への感染予防が必要です。
細菌性結膜炎は抗生物質入りの点眼薬を使えば1週間ほどで治ります。

<予防&ケア>
ウイルス性結膜炎は感染力が強いので、タオルなどは別のものを使い、目に触ったらすぐに石けんで手を洗います。目やには湿らせたティッシュでふき取り、ティッシュはすぐ捨てましょう。点眼の前後はママの手をよく洗い、容器の先が赤ちゃんの眼や手に触れないようにして下さい。

-目の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.