新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

血液の病気

血友病

投稿日:

<どんな病気?>
血液凝固因子(血が固まるのに必要なタンパク質)の中のある一部分が生まれつき欠乏していたり異常なために起こるのが「血友病」です。そのため、ささいな傷でも出血しやすく、出血するといつまでも血が止まらなくなります。
遺伝が関係している病気で両親のどちらかが発病あるいは保因している場合、赤ちゃんに遺伝する確率が高くなります。発病するのはほとんどが男の子です。女の子は保因者となります。新生児期に症状が現れることは少なく、動き回り始める頃になると、少しの傷や刺激で出血するようになります。

<治療>
欠乏している血液凝固因子の製剤を注射して補充する治療を行います。以前、血液製剤による肝炎ウイルスやHIVウイルス感染が問題になりましたが、現在は加熱処理剤が使用されるようになり、安全な治療を受けられます。。

-血液の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.