新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

関節・骨・筋肉の病気

筋性斜頸

投稿日:

<どんな病気?>
生後4?5日ごろから首の片側にしこりができ、首の筋肉が短縮して、いつもしこりがある方とは反対側を向くようになります。しこりは徐々に大きくなり、2?3週間後に最も大きくなります。3週間を過ぎると小さくなり始め、9割以上は1年ほどで消えます。原因は不明です。

<ケア>
いつも同じ方向を向くことによって頭の形が変形するので、それを防ぐ工夫が必要になります。顔を向けている側の背中からおしりにかけて丸めたバスタオルを当て、体を少し斜めにすると、頭が反対の方向を向きやすくなります。
赤ちゃんが興味を示すおもちゃなどを、顔を向ける側と反対側につるしてみるのもひとつの方法です。縮んだ筋肉を伸ばそうとして、マッサージなどはしないようにしましょう。

-関節・骨・筋肉の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.