新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

関節・骨・筋肉の病気

先天性股関節脱臼

投稿日:

<どんな病気?>
股の関節が緩く、大腿骨の先端が骨盤からはずれる病気です。脱臼が片方だけのときは、脚の長さや脚の開き具合が左右で違います。両膝を立てるとひざの高さが違ったり、仰向けにした時に太ももの付け根のしわの数が左右違います。脚の開きが悪くなることでもわかります。脱臼したまま育つと歩き初めが遅くなったり、片方の足を引きずったりすることもあります。

<治療>
1ヵ月健診では見つからないことも多いので、3?4ヵ月健診は必ず受けてください。疑わしい場合は超音波もしくはX腺検査が必要です。診断がつけばリーメンビューゲルというズボンつりのような装具をつけて矯正することもあります。多くはこれで治りますが、状態によっては手術を行うこともあります。

<予防&ケア>
赤ちゃんの脚はM字形が自然な状態なので、自然な足の形を保つことが大切です。股関節を閉じた状態で長時間横抱きやおんぶをしない、股関節が動きにくい衣服を着せない、おむつは股関節が開きやすいものを使用するなどの注意が必要です。

-関節・骨・筋肉の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.