新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

消化器の病気

肛門周囲膿瘍

投稿日:

<どんな病気?>
直腸内の細菌感染でできた膿が、膿の管を通って肛門付近の皮膚側に出てきたものです。下痢や便秘などが原因で直腸が傷つき、細菌に感染して起こります。膿瘍が皮膚の浅い部分にあるときは、肛門の周りが腫れ排便のときに痛がります。肛門の深い部分に膿瘍ができると発熱することもあります。

<治療>
軽い場合は抗生物質を服用して治療します。膿がたまってしまった場合は、切開して膿を取り除きます。膿を取り除くとすぐに治まります。

<予防&ケア>
便秘を予防するなどして、肛門や直腸の粘膜に傷を作らないようにすることが大切です。おむつ替えのとき、便をふき取ってからシャワーや座浴などで肛門の周りを洗いましょう。こすらないように優しく水分をふき取り、清潔に保ちましょう。

-消化器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.