新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

消化器の病気

肛門裂

投稿日:

<どんな病気?>
肛門裂とは硬い便が肛門を通ったときに肛門に傷がつき、裂傷や潰瘍ができる病気です。排便のときに痛がったり、少量の出血があったり、便の表面に血液がつくこともあります。おっぱいやミルクだけを飲んでいるうちは柔らかい便でも、離乳食が進むにつれて、だんだんかたくなるものです。とくに便秘がちの子はかたくなりやすいようです。

<治療>
便秘を防ぎ、うんちをかたくしないようにしましょう。病院では痔の治療のための塗り薬が処方されますが、薬よりも温座浴(ぬるま湯かシャワーなどでおしりを洗う)のほうが肛門のうんちを洗い流し、患部を温めるので傷の治りは早いようです。症状が悪化したときは1日最低でも3回以上、うんちで汚れたときはすぐに洗ってあげましょう。
このような処置で肛門痛はすぐにやわらぐので、痛みのためうんちを我慢して便秘がひどくなることを防ぐことができます。麦芽糖を飲ませたり、食物繊維が豊富な緑黄色野菜やいも類、豆類などを食事に積極的に取り入れましょう。体を動かして腸の運動を活発にさせることが大切です。また下痢が続き肛門が刺激を受けると症状が悪化するので、下痢の予防も心がけてください。

-消化器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.