新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

脳・神経・頭の病気

急性脳炎

投稿日:

<どんな病気?>
ウイルスに感染して起こる場合と感染後の免疫反応による炎症で起こる場合があります。単純ヘルペス、はしか、風疹、水疱瘡などのウイルスが原因となります。突然高熱が出て、頭痛、嘔吐、うなじの硬直、ひきつけ、急激な意識障害、手足の麻痺などの症状があります。
はしかや風疹、水疱瘡の感染時や感染後にこのような症状が見られたときは脳炎が疑われます。また、妊婦がサイトメガロウイルス、風疹ウイルス、トキソプラズマなどにかかると胎児に先天性の脳炎をきたすこともあります。

<治療>
発生頻度は少ないのですが、重い後遺症を残したり、ときには最悪の事態にも発展する怖い病気です。嘔吐がいつまでも続いたり、意識がはっきりしないなど、様子がおかしいときは夜中でもすぐに受診しましょう。CT、MRI、脳波検査などで脳の腫れ具合を調べます。
髄液の検査を行うこともあります。根本的な治療は少なく、対症療法となります。脱水症状を起こしたときは輸液を行い、脳の腫れをとるための脳圧降下剤、けいれんを止める薬などを使います。脳圧温療法が行われることもあります。

-脳・神経・頭の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.