新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

脳・神経・頭の病気

急性脳症

投稿日:

<どんな病気?>
急激に脳が腫れて、ひきつけや意識障害を起こす病気です。脳が急に腫れて脳の血流障害を起こし、運動障害や知的障害などの重い後遺症が残ったり、最悪のケースにもなる怖い病気です。
インフルエンザウイルスや突発性発疹の原因となるヒトヘルペスウイルス6型や7型などのさまざまなウイルスが原因となりますが、そのメカニズムはまだ完全には解明されていません。

<治療>
急性脳症は進行が早いため、治療の開始には一刻を争います。治療が遅くなればなるほど、重い後遺症が残りやすくなります。発熱に引き続き、意識障害や幻覚・幻視などがおこったら救急車を呼び、少しでも早く専門の病院へ行きましょう。
脳の浮腫を取るために脳圧降下剤を点滴したり、ひきつけを止める薬を使います。副腎皮質ホルモンや脳低温療法が行われることがあります。

-脳・神経・頭の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.