新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

目の病気

急性涙嚢炎

投稿日:

<どんな病気?>
涙嚢にたまった涙に細菌が増殖し、目やにがたくさん出る病気です。多くは涙の通り道(鼻涙管)が詰まる鼻涙管閉塞症が長く続くことが原因となります。目頭が強く痛み、目と鼻の間、目の下、鼻の横などが腫れて赤くなり、目頭を軽く指で押してみると、涙点から膿が出てくることもあります。腫れがひどくなるとまぶたが下がってしまうほど激しい症状になることがあります。熱が出る場合もあります。

<治療>
目と鼻の間が赤く腫れてきたときは早めに眼科を受診しましょう。涙嚢に水を通して数回洗浄する処置を1週間に1回程度行い、抗菌薬入りの点眼薬を併用すると症状がよくなることがあります。炎症がひどいときは抗生物質を服用して、眼科医の指導により、目頭をマッサージすることもあります。これで治らなければ、ブジー(細い針金)を通して鼻涙管を通す処置をします。ときには涙嚢部を切開して中にたまった膿を出す治療を行うこともあります。

<予防&ケア>
腫れているときはあまり触らないようにし、眼科医の指示に従いましょう。

-目の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.