新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

呼吸器の病気

急性細気管支炎

投稿日:

<どんな病気?>
呼吸器系の奥にあるとても細い気管支が炎症を起こした状態が急性細気管支炎です。冬から春にかけて、主に1才以下の赤ちゃんがかかる病気です。ウイルス感染が主な原因で、急性細気管支炎を起こすことで有名なウイルスにRSウイルスがあります。
鼻水と湿ったせき、ゼーゼーあるいはヒューヒューするような呼吸が特徴で、重い呼吸困難を引き起こすこともあるので注意が必要です。呼吸困難が進行すると入院治療をし、場合によっては酸素吸入や人工呼吸を必要とするほど重症になることもあります。
元気がなく泣かなくなったり、小鼻が呼吸のたびにヒクヒクしたり、喉もとやや肋骨の間がへこむような呼吸は呼吸困難の症状なので急いで受診しましょう。

<治療>
症状を和らげる薬を飲みます。多くの場合は1?2週間で自然によくなりますが、呼吸困難の症状が急激に悪化することもあるので、症状が重くなる前に受診しましょう。

<予防&ケア>
鼻水をこまめに吸いだしてあげると少しは楽になることもあります。ですが、嫌がって泣いたときは無理強いはやめましょう。水分を少量ずつこまめにあげて下さい。

-呼吸器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.