新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

症状から見る病名の目安

目が気になる

更新日:

赤ちゃんの眼球の構造は生後すぐにほぼ完成しています。ですが、視神経や脳が未熟なために、まだ大人のようにものをはっきり見ることができません。だいたい6才くらいまでに大人と同じくらいになります。
目の異常を早く見つけるためには、日ごろの様子をよく観察しておくことが大切です。遠近感がつかめず、手を伸ばしてもおもちゃなどを取れない様子が見られたら早めに受診しましょう。
赤 ちゃんは鼻涙管が狭く涙がスムーズに流れにくいので、目やにがよく出ます。どちらかの目だけ量が多い、涙が出る、まぶしがるなどの症状がある場合は一度眼 科を受診してください。また、目に異物が入ってしまったとき、まぶたが赤く腫れている場合はこすらないように注意して至急病院へ行きましょう。

 

黒目が気になる → → → まぶたが下がって黒目が隠れている 眼けん下垂
→ → → 顔を近づけたり、目を細めたり、目をこすったりしてものを見る 弱視
→ → → 量目の視線が定まらず、左右の目が別々の方向を向いている 斜視
白目が赤い → → → 熱があり、リンパ節の腫れや発疹を伴う 溶連菌感染症はしか川崎病
→ → → 目をかゆがる アレルギー性結膜炎
→ → → →  →  →  →  → さかまつげ細菌性結膜炎ウイルス性結膜炎
目やにが多い → → → 白目部分に点状の出血がある ウイルス性結膜炎
→ → → 膿の混じった目やにが出る 急性涙嚢炎
涙が出る まつげが内側をむいている さかまつげ
白目が充血している ウイルス性結膜炎
泣いてもいないのに涙があふれる 急性涙嚢炎鼻涙管閉塞症

-症状から見る病名の目安

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.