耳・鼻・のどの病気

赤ちゃんの耳・鼻・のどは、他の器官に比べてかなり発達した状態で生まれてきます。形が小さいだけで、機能的には大人と同じです。ですが、粘膜はとても敏感で、ウイルスなどの病原体が侵入するとすぐに炎症を起こしたり、病気になったりします。子どもに中耳炎が多いのはそのためです。
一度炎症を起こすと発熱、痛み、膿をもつなど、症状が悪化したり長引くことが多いので、まずはウイルスの侵入を防ぐように乾燥対策や室温調整に気を配りましょう。また聴力は言葉の発達に影響します。テレビに近づいて見たがる、声をかけても振り向かないなど気になる様子があったら、早めに受診しましょう。

 

  • 中耳炎・・・中耳に膿がたまって発熱や痛みがあります
  • 耳垢栓塞・・・外耳道が耳垢でふさがれ聞こえにくくなります
  • 副鼻腔炎・・・副鼻腔に膿がたまって鼻水や鼻づまりを起こします
  • 外耳道炎・・・耳の入り口が赤く膨れて発熱や痛みがあります
  • 難聴・・・遺伝、奇形、中耳炎などが原因で耳が聞こえにくい状態

耳・鼻・のどの病気-赤ちゃん病気辞典-記事一覧

<どんな病気?>鼻や喉の細菌が耳管を通して中耳腔に入り、菌が増殖して膿などがたまります。肺炎球菌、インフルエンザ菌、モラセキラカタラーシスなどの細菌が原因となります。乳幼児は鼓膜の観察が難しいので、経験豊富な耳鼻科医や小児科医を受診しましょう。★急性中耳炎風邪の後に起こることが多く、38度以上の高熱が出て痛がります。膿が鼓膜を破り、耳だれとして出てくることもあります。 ★滲出性中耳炎...

<どんな病気?>耳垢が外耳道をふさいで、耳が聞こえにくい状態です。耳垢は外耳道にある耳垢腺や皮脂腺から分泌される汗や脂肪、表皮のカス、外からのほこりなどが一緒になったものです。外耳道に湿疹や炎症があったり、慢性の中耳炎などで粘液が出て固まって詰まる場合もあります。耳掃除をしたときに耳垢を奥に押し込んで外耳道をふさぐことがあり、プールなどで耳垢がふやけて、耳の聞こえが悪くなることがありま...

<どんな病気?>乳児期には少なく、副鼻腔が発達する幼児期に多い病気です。副鼻腔の粘膜に炎症が起こって膿がたまり、黄色い鼻水となって出るのが副鼻腔炎(蓄膿症)で、急性と慢性があります。急性はほとんどが風邪による鼻炎の後に起こりますが、アレルギー性鼻炎が関与することもあります。黄色っぽいドロッとした鼻水が出てなかなか止まらかったり、鼻づまりを起こします。頭が重くなったり、においを感じなかっ...

<どんな病気?>外耳が細菌に感染して炎症を起こします。激しく痛み、耳の入り口が狭くなって、赤くふくれたおできができます。高熱が出たり、化膿した部分が破れて血の混じった膿が出ることもあります。耳に水が入ったり、綿棒や耳かきなどで外耳道を傷つけたり、外耳道にできた湿疹が原因となります。よだれ、おっぱいやミルクを吐いたものが耳に流れ込んで起こることもあります。<治療>初期の症状な...

<どんな病気?>耳の聞こえが悪い状態で、軽症のものも含めると、約1000人に1人の発症率とされています。先天性難聴の原因は遺伝的なもののほか、外耳道の奇形・閉鎖や内耳奇形、妊娠初期の風疹感染(先天性風疹症候群)などがありますが、約半分は原因不明とされています。後天性難聴には髄膜炎、中耳炎おたふくかぜなどの後遺症や薬剤性(抗生物質)のものなどがあり、どの年齢にも生じます。先天性難聴や乳児...