新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

皮膚の病気

水いぼ(伝染性軟属腫)

投稿日:

<どんな病気?>
伝染性軟属腫ウイルスの感染によって起こります。直径1?3mmくらいでみずみずしくて光沢があり、白や肌色、赤い色のいぼが胴体、ひじ、ひざの裏側、股などを中心に全身にできます。よく見るといぼの中心が少しへこんでいるのが特徴です。
非常に伝染性が強いもので、つぶすと出てくるおかゆ状の内容物がほかの皮膚につくと、どんどん数が増えていきます。ひっかいてウイルスが飛び散ると、他の子どもにもうつることがあるので注意が必要です。

<治療>
2?3個のうちに受診しましょう。免疫ができれば自然に治りますが、数ヶ月から2年ほどかかります。治療は水いぼ用の特殊なピンセットで芯をつまみとります。冷凍凝固法、テープ式の局所麻酔薬を貼ってからつまみとる方法、漢方薬の「ヨクイニン」を服用する方法などがあります。

<予防&ケア>
伝染病なので、ほかの部位にうつらないように患部を保護する必要があります。入浴後は水いぼの部分だけ最後に軽く押さえるようにふいてください。患部は清潔を保ち、かきこわさないようにすることが大切です。

-皮膚の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.