新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

新生児のお世話

新生児の沐浴

投稿日:

新生児は新陳代謝が激しいので、1日1回石けんを使って沐浴しましょう。沐浴剤を使う場合も週に3?4回は石けんを使ってきれいにしましょう。大人と一緒のお風呂は1ヵ月を過ぎてからです。

 

★ 沐浴のポイント

 

 

【沐浴の手順】
事前準備:赤ちゃんを入れる前に、湯温計を入れて、お湯の温度を確認します。夏は38?39度が目安です。冬は1?2度高めで。

  1. 赤ちゃんの首とお尻を支えて、足のほうからゆっくりとお湯につけます。裸だと不安そうなときは、沐浴布を掛けてあげましょう。
  2. ぬらしたガーゼでサッと拭いてから、石けんの泡で洗い、湿らせたガーゼでふき取ります。頭、顔、胸と体の上部から洗っていきます。
  3. 首やわきの下、くびれの部分などは汚れがたまりやすいところです。石けんをよく泡立てて、手かガーゼで洗いましょう。
  4. 赤ちゃんの両わきを支えて、肩から上をママの腕にのせるようにして腹ばいにします。背中からおしりに向けて、洗います。
  5. ベビーバスのお湯を掛けて、石けんを流した後、洗面器などに別に用意しておいた上がり湯を、赤ちゃんの全身に掛けます。
  6. 赤ちゃんをお湯から引き上げ、バスタオルで包み込むようにして、水分を十分にふき取ります。首やわきの下などのくびれ部分は念入りに拭きましょう。

-新生児のお世話

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.