新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

皮膚の病気

虫刺され

投稿日:

<どんな病気?>
ダニ、蚊、ハチ、毛虫などに刺され、赤く腫れたり水泡ができたりして、熱が出ることもあります。かきむしると水疱になり、それが破れて化膿し、とびひになることもあります。腫れてかたい発疹が出たり、慢性化して症状が長引く場合もあります。赤ちゃんは皮膚が柔らかい上、抵抗力が弱いので悪化することが多いのです。

<治療>
ハチに刺されたときはすぐに病院で診察を受けてください。ほかの無視の場合も腫れがなかなか引かなかったり、化膿してジュクジュクしている場合は受診しましょう。通常は炎症を抑える塗り薬が処方されます。症状がひどいときは、ステロイド薬入りの塗り薬や、抗ヒスタミン薬を服用することもあります。

<予防&ケア>
虫がいそうな場所に行くときは長袖、長ズボンにするなど、肌を露出させないようにします。虫除け剤も効果的です。もし刺されてしまったら、すぐにきれいな水で洗い流して冷やします。腫れる前に市販の虫刺されの薬を塗っておくと症状は軽くなります。かきむしらないように、爪をこまめに切ったり、手を清潔にしておくことも大切です。

-皮膚の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.