新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

新生児のお世話

夏の育児注意点[着せ方]

投稿日:

体温調節・紫外線防止のポイントをチェックしましょう。

★ 暑くてもおむつ姿で過ごすのはNG

赤ちゃんは新陳代謝が活発で大人よりも汗をたくさんかきます。汗をかくとベタベタして不快な上、冷房が効いた部屋では体が冷えすぎることがあります。
背中やわきの下など汗をかきやすいところをしっかりカバーするよう、袖の付いた吸湿性のよい服を着せてあげましょう。

★ 吸湿性のいい素材の服を選んで

汗を吸収する服を着せることが大切なので、素材を選べば肌着を着せずに1枚で過ごしても大丈夫です。
夏は特に汗をたくさんかくので、吸湿性に優れた綿100%や綿の割合が多い混紡のものがオススメです。デニムやナイロンの服を1枚で着せるのは避けましょう。
吸湿性の悪いものを重ねてきているとあせもの原因になることも。肌触りのよさもポイントです。

★ 服が湿っていたら何度でも着替えさせて

汗を吸った服が冷えると、赤ちゃんの体温はどんどん奪われてしまいます。こまめに汗を拭き、手で背中やわきの下を触ってみて服が湿っているようなら、1日に何度でも着替えさせてあげましょう。
背中に入れる汗取りパッドを利用するとラクチンです。外出するとき、食べこぼしたときも着替えさせてあげましょう。

★ 赤ちゃんが暑がる、寒がるの判断

赤ちゃんが暑がる、寒がるの判断は必ず手や足を触ったり、顔色を見て確認しましょう。顔が赤くほてって汗が吹き出す、ぐずるなどの仕草は暑いしるしです。手足が冷えていたり、血色が悪いときは寒がっているので1枚プラスしてあげてください。

夏育児のポイント夏育児のポイント
室内での夏育児ポイントをみる
飲む・食べるの夏育児ポイントをみる
着せ方の夏育児ポイントをみる
お出かけの夏育児ポイントをみる

-新生児のお世話

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.