新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

脳・神経・頭の病気

脳性まひ

投稿日:

<どんな病気?>
脳性まひは胎内から生後1ヶ月までの脳の発育の盛んな時期に生じた何らかの脳障害の結果、手足の運動障害や姿勢の異常が起こる病気です。先天的な脳の形成異常(奇形)や未熟児の脳室内出血、脳室周囲白質軟化症、正期産児の低酸素性虚血性脳症、新生児脳梗塞、頭蓋内出血、先天性感染症、髄膜炎後遺症など原因はさまざまです。
進行はしませんが、経過とともに症状が明らかになったり、変化したりします。知的発達の遅れ、言語障害、てんかん、視覚や聴覚などの障害を伴うこともあります。
生まれてすぐにはわからなくても、なかなか首がすわらないなど運動機能の発達の遅れや手や足の筋肉の緊張が異常に強いあるいは弱いなどが見られたら、小児神経やリハビリテーションの専門医を受診しましょう。MRI検査や脳波検査、眼科の検査などを行うこともあります。

<治療>
病気そのものは治りませんが、専門家の指導による訓練によって、運動機能の発達を促すことができます。軽い脳性まひなら症状は軽く、転びやすい、段差でつまづきやすい、足首がかたいなどの症状はあるものの、日常生活は普通に送れます。訓練は早く始めるほど効果的であると考えられます。

-脳・神経・頭の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.