新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

口・歯の病気

乳歯萌出遅延

投稿日:

<どんな病気?>
一般に乳歯は生後6?7ヶ月頃に生え始めますが、個人差があり、早い子だと生後3ヶ月で生えはじめ、遅いと1歳を過ぎてもまだ1本も生えてこないという子もいます。この1歳を過ぎても生えない状態を乳歯萌出遅延といいます。

<治療>
歯以外の体の発育や成長、知育の発達に問題がなければとくに心配は要りません。あごの骨の中に歯が出来上がっているのに、出てくるのが遅れているだけということが多いようです。ただごくまれに先天的に歯がまったく作られていない「外胚葉異形成」という病気などがあるので、念のため、小児歯科で原因を調べてもらったほうが安心です。
医師の診断で特に問題がなければ、あせらず気長に待ちましょう。生え始めが遅いからといって、その後の歯や口の発達、言語の発達への影響をそれほど心配する必要はありません。3歳までには乳歯20本が全部生えそろう場合がほとんどです。

-口・歯の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.