新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

皮膚の病気

おむつかぶれ

投稿日:

<どんな病気?>
おむつをあてている部分がうんちやおしっこ、おむつなどの刺激で炎症を起こし、真っ赤にただれます。うんちがやわらかく、おしっこの回数が多い低月齢の赤ちゃんや夏に多く見られます。
最初はおむつがあたる部分が赤くなるだけですが、ひどくなると赤いブツブツができます。重症になると、皮膚がむけジュクジュクしてきます。そうなると赤ちゃんは排尿や排便のたびに痛がって泣きます。自己判断で市販薬を使ったりせずに、医師の診察を受けましょう。

<治療>
ステロイド薬を含まない軟膏が処方されます。症状がひどいときには、弱いステロイド薬入り塗り薬が出されることもあります。それでも治らない場合は、カビの一種であるカンジダ菌が原因である可能性も考えられます。この場合はステロイド薬入りの塗り薬を使うと悪化するので、自己判断で市販薬を使ったりせずに、医師の診察を受けましょう。

<予防&ケア>
おむつをこまめに替えて、お尻をいつも清潔に保つようにしましょう。布おむつやおむつカバーは、肌への刺激が少ない柔らかい素材で通気性のいいものを選びましょう。下痢のときは座浴やシャワーでよく洗い流します。

-皮膚の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.