保育施設の選び方

赤ちゃんが生まれた後も仕事を続ける予定なら、子どもの保育をどうするか、夫婦でよく話し合っておくことが大切です。保育所への送り迎え、子どもが病気のときなどお互いに仕事を調整し、ママだけに負担がかからないようにしましょう。
地域の保育事情は、事前によく調べてください。担当は市区町村の保育担当課です。公立・私立の認可保育所のほか、地域によっては自宅の一部を使って子どもを預かる「保育ママ制度」もあります。場所や空き状況、対象年齢、保育時間、入所条件、入所の手続き、保育料などを窓口で十分説明を聞き、相談しましょう。
赤ちゃんが生まれると出歩けないこともあるので、産休に入ったら、一度保育担当課をたずねておくことをオススメします。時間外保育や延長保育を実施している場合は、その時間帯の保育制度がどうなっているかなども、確認しておきましょう。

 

★ 保育施設の選び方10か条

 

1.まずは情報収集を
市区町村の保育担当課で、情報の収集や相談をしましょう。

 

2.事前に見学を

決める前に必ず保育施設を見学しましょう。
3.見た目だけで決めない
キャッチフレーズ、建物の外観や壁紙がきれい、保育料が安いなど、見た目だけで決めるのはやめましょう。

 

4.部屋の中まで入って見て

見学のときは必ず、子どもたちがいる保育室の中まで入らせてもらいましょう。

5.子どもたちの様子を見て

子どもたちの表情が生き生きしているか、見てみましょう。
6.保育する人の様子を見て
保育する人の数が十分か聞いてみましょう。
保育士の資格を持つ人がいるか聞いてみましょう。
保育する人が笑顔で子どもたちに接しているか、見てみましょう。
保育する人の中には経験が豊かな人がいるか、見てみましょう。

 

7.施設の様子を見て

赤ちゃんが静かに眠れる場所があるか、子どもたちが十分に動き回れる広さがあるか。
遊び道具がそろっているかを見て、外遊びをしているか聞いてみましょう。
日当たりや風通しがいいか、清潔か。
災害のときのための避難口や避難階段があるか。

 

8.保育の方針を聞く
園長や保育する人から、保育の考え方や内容について聞いてみましょう。
どんな給食が出ているか確認。
連絡帳などでの家庭との連絡や参観の機会などがあるか聞きましょう。

 

9.ぐずりだしてら周りの人もつらいものです。気配りを心がけて

預け始めてからも折りに触れて、保育の仕方や子どもの様子を見てみましょう。

10.不満や疑問は率直に

不満や疑問があれば、すぐに相談してみましょう。誠実に対応してくれるでしょうか。

 

 

関連ページ

新生児の体温調節
新生児の体温調節について
母乳・ミルク
新生児と母乳・ミルクについて
離乳食について
離乳食について
新生児とおしっこ・うんち
新生児とおしっこ・うんちについて
日中の過ごし方
新生児の日中の過ごし方について
新生児の理想の部屋作り
新生児の理想の部屋作りについて
新生児の沐浴
新生児の沐浴について
新生児の睡眠
新生児の睡眠について
股関節脱臼
新生児の股関節脱臼について
新生児の運動発達
新生児の運動発達について
虫歯の予防
虫歯の予防について
新生児のお出かけ
新生児のお出かけについて
夏の帰省
快適な夏の帰省の仕方について
車で帰省
快適な車で帰省の仕方について
新幹線・列車で帰省
快適な新幹線・列車で帰省の仕方について
飛行機で帰省
快適な飛行機で帰省の仕方について
夏の育児注意点
真夏の育児の注意点について
夏の育児注意点[室内編]
夏の育児注意点[室内編]について
夏の育児注意点[飲む・食べる]
夏の育児注意点[飲む・食べる]について
夏の育児注意点[着せ方]
夏の育児注意点[着せ方]について
夏の育児注意点[お出かけ]
夏の育児注意点[お出かけ編]について
新生児・赤ちゃんと病気
新生児・赤ちゃんと病気について
新生児・赤ちゃんの応急手当の知識
応急手当の知識について
赤ちゃんの虫よけ・虫刺され
赤ちゃんの虫よけ・虫刺されについて
病院へ行く前に
病院へ行く前に気をつけること
揃えておきたい救急用品
揃えておきたい救急用品について
薬の飲ませ方
新生児・赤ちゃんの薬の飲ませ方について
乳幼児健診
乳幼児健診について
新生児・赤ちゃんの予防接種
新生児・赤ちゃんの予防接種について
かかりつけ医の見つけ方
かかりつけ医の見つけ方について
新生児・赤ちゃんの事故を防ぐ
新生児・赤ちゃんの事故防止について
赤ちゃんとたばこ
赤ちゃんとたばこについて