新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

症状から見る病名の目安

おしっこが気になる

投稿日:2017年4月10日 更新日:

赤ちゃんは大人に比べておしっこの回数と量が多いものです。個人差があるため、普段のおしっこの回数や量を観察しておきましょう。水分を多く取れば 量が増え、回数が多くなります。また、寒いときは頻尿気味になり、暑いときは汗をかくため少量になります。環境の影響でおしっこの量や回数に変化があると きは様子を見るだけで大丈夫です。
でも、おしっこの回数がいつもよりも多く、水分をたくさん欲しがる、機嫌が悪く発熱した、おしっこの回数が極端に減り、水分を受けつけずぐずったりしているなど他の症状が見られる場合は至急受診しましょう。
おしっこの色がピンクからオレンジ色なのは赤ちゃんのときに見られることなので心配はありません。

 

色について おしっこの色が白くにごっている 発熱を伴う 尿路感染症
おしっこの色は茶色に近い濃い黄色 下痢・嘔吐・発熱を伴い水分をあまり摂っていない 脱水症状
おしっこの色は血が混じったような赤色 → → → → 腎臓・泌尿器系の病気
薬の影響、尿酸結晶、膀胱炎
量について おしっこの量が増えた 発熱・嘔吐を伴っている 尿崩症尿路感染症
おしっこの量が減った 顔がむくんでいる 腎臓・泌尿器の病気
下痢・嘔吐などの症状がある 脱水症状

-症状から見る病名の目安

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.