新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

感染症

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

投稿日:

<どんな病気?>
ムンプスウイルスの飛沫感染によってうつり、耳下腺という唾液腺が炎症を起こし腫れ、痛みを伴う病気です。耳下腺の腫れは両側だったり、片側だけだったりします。また、耳下腺だけでなくあごの下の顎下腺が腫れることもあります。熱は38度前後であまり高くなりません。熱は2?3日でひき、4日?約1週間たつと腫れも引いてきます。

10%くらいに髄膜炎の合併症が見られます。髄膜炎の場合は熱が続き、頭痛や吐き気を伴います。また頻度は低いものの膵炎や難聴などの合併症も知られています。

<治療>
有効な薬はなく、高熱や耳下腺の痛みには解熱鎮痛薬を使用します。合併症を起こした場合などは入院することもありますが、合併症がなければ基本的に経過観察のみで治ります。

<予防&ケア>
食べ物を噛んだり唾液が分泌されると痛むので、かんきつ類などのすっぱいものは避け、のどごしのいいものを与えましょう。水分補給もしっかり行いましょう。腫れた頬は濡れタオルで冷やしますが、温めたほうが気持ちいい様子であれば温湿布などをしてあげましょう。有料ですが、予防接種を受けることもできます。

-感染症

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.