新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

新生児のお世話

新生児・赤ちゃんの応急手当の知識

投稿日:

【ひきつけたとき】
乳幼児は、発熱したときにひきつけを起こすことがあります。これを「熱性けいれん」といいます。
突然白目をむくので親はびっくりしますが、慌てないことが大切です。舌をかむことはないので、ハンカチや割り箸などを口に入れてはいけません。熱性けいれんであれば、数分でおさまります。おさまっても、それが本当に熱性けいれんだったのかどうか確かめる必要があるので小児科医の診察を受けておきましょう。けいれんが治まらないときは、夜間でも急いで受診しましょう。

熱がないのにけいれんを起こしたり、頻繁にけいれんを起こす場合は、熱性けいれん以外の病気も考えられるので、やはり急いで小児科医の診察を受けましょう。

【やけど】
まず、水道の水を流して患部を冷やします。程度がひどいときは、20?30分間冷やします。衣服の上から熱湯がかかったときは、素早く冷水をかけ、それから衣服を脱がせます。衣服が皮膚にくっついているときは無理に脱がせないで、冷水を十分にかけて冷やし、急いで医師のところへ連れて行きましょう。顔や頭にやけどしたとき、広い範囲にやけどしたときも、急いで受診しましょう。

【頭を打ったとき】
頭を打っても、すぐに元気よく泣いた場合はひとまず安心です。意識がなかったり、鼻や耳や口から出血したり、けいれんがあるときは、ただちに救急病院に連れて行きましょう。そのときは何ともなくても、数時間後に急変することがあるので、頭を打った後はしっかり様子を見ておくことが大切です。

【鼻血】
鼻血が出る場所は、鼻の奥ではなく入り口に近い中央の壁のところです。軽い鼻血なら顔を下に向かせ、鼻の柔らかいところを指でつまんでいると止まります。止まらないときは、清潔なガーゼか脱脂綿を浅くいれて外側から押さえます。冷たいタオルなどを鼻の上から当てて冷やすのもひとつの方法です。

【すり傷・切り傷】
すり傷は、まず水道水でよく洗い、汚れを落とし、消毒薬を塗ります。切り傷も、汚れている場合は水道水で洗い、消毒薬を塗ります。すぱっと切れた傷なら、ばんそうこうで患部をくっつけて止めます。ぎざぎざの傷、大きな切り傷、頭や顔の傷は、病院へ行きましょう。

【異物を飲み込んだとき】
「異物誤飲対処方」を参考にしてください

-新生児のお世話

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.