新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

感染症

りんご病(伝染性紅斑)

投稿日:

<どんな病気?>
ヒトパルボウイルスB19の感染によって起こる病気です。主に乳児から小学校の低学年に多く見られます。まず、両側の頬が真っ赤なりんごのようになり、腕や太もも、おしりなどにも発疹ができます。体にできる発疹は初めは細かく、そのうちに広がってほかの発疹とくっつき、レース状の編み目模様になって広がります。

かゆみを感じることもありますが、それほど強くはありません。元気な子どもの場合は特に問題はありませんが、溶血性貧血の子どもがかかると貧血が進行することもあります。また、妊婦がかかると胎児水腫という病気を引き起こします。

<治療>
頬の赤みも体の発疹も7?10日くらいで自然に治ります。合併症が出ることはほとんど無いため特別な治療は必要ありません。が、関節の痛みを伴う場合があるので、必要なときは痛み止めが処方されます。かゆみが強いときは、かゆみ止めの塗り薬など処方してもらいましょう。

<予防&ケア>
石けんで強くこすったり、入浴して体を温めたり、日光浴をしたりすると発疹が悪化したり、消えかかっていた発疹がぶり返すことがあるので注意しましょう。

-感染症

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.