新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

消化器の病気

細菌性胃腸炎

投稿日:

<どんな病気?>
主に細菌に汚染された食べ物から感染して起こる胃腸炎で、細菌性食中毒とも呼ばれています。食後に激しい下痢や嘔吐、腹痛が起こったとき、家族にも同様の症状が起こったとき、ときに血便が見られたときは、細菌性胃腸炎の可能性は高くなります。原因となる細菌には多くの種類があり、症状の現われ方や程度も異なります。

<治療>
腹直筋という筋肉の発達とともに、ほとんどは生後1年ごろまでに自然に治ります。まれに2歳以降になっても治らない場合は、ヘルニア(体の組織の一部や臓器が突出したもの)の部分を切除して、おへそをつくる手術を行うこともあります。おへそが出ている部分に硬貨をあてたり、ばんそうこうを貼ったりしないようにしましょう。治らないだけでなく、皮膚がかぶれたり、炎症を起こす恐れがあります。

-消化器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.