新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

消化器の病気

生理的黄疸

投稿日:

<どんな病気?>
ほとんどの新生児は、生後2?3日ごろから一時的に皮膚が黄色みを帯びてきます。これを新生児黄疸といいます。胎児の頃はママの血液からもらった酸素を有効に取り込むために、血液中の赤血球の割合が多いのですが、出生後、自分で呼吸をするようになると赤血球は胎内にいた頃よりも少なくて済むため、余分な赤血球は破壊されてビリルビンとなり排泄されます。
ところが生まれたばかりの赤ちゃんの肝臓は一度にたくさんのビリルビンを処理しきれず、一時的にビリルビンが血中に多くなります。ビリルビンが皮膚などに沈着して黄色く見えるため黄疸の症状が現れます。

<治療>
ほとんどは1週間から10日ほどで自然に消えていきます。ただ、おっぱいを飲んでいる赤ちゃんの場合は黄疸が長引くことがあります(母乳性黄疸)。おっぱいにはビリルビンを処理するのに必要な酸素の働きを抑える成分が多く含まれるため、1ヵ月健診でも黄疸が残っていることが時々あります。ですが、ビリルビンの上昇がなく、黄疸が徐々に消えていくようなら心配はありません。

-消化器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.