新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

内分泌・代謝の病気

先天性甲状腺機能低下症

投稿日:

<どんな病気?>
「先天性甲状腺機能低下症」とは甲状腺の機能が先天的に低下し、甲状腺ホルモンが不足して起こる病気で、クレチン症とも呼ばれます。早期治療をしないと、首すわり、おすわりなどの運動機能や知能・言語の発達の遅れを招きます。体重の増えが悪くなったり、黄疸が長引くこともあります。

<治療>
生後5?7日目ごろに行われる先天性代謝異常検査でチェックされます。通常、この検査で発見されれば、生後2?3週間以内に治療が開始できるので、特別な症状や後遺症が出ることはありません。不足している甲状腺ホルモンを内服することで治療します。普通は外来で治療しますが、最初だけ入院して検査・治療を行う場合もあります。家庭では薬を飲み忘れないように注意しましょう。

-内分泌・代謝の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.