新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

関節・骨・筋肉の病気

先天性内反足・外反踵足

投稿日:

<どんな病気?>
どちらも先天性の足の変形で、足が内側に反って足の裏が内側に向かい合っているものが先天性内反足、逆に足が外側に反り返って、小指が床から反りあがっているものを外反踵足といいます。強度の内反足は新生児期に発見されるため、早期から治療を始めることがあります。

<ケア>
手で変形を矯正しながらギプス包帯を巻き、矯正器具をつけたり、矯正靴で矯正位を保ちます。十分に矯正できない場合は手術を行います。外反踵足の多くは自然に治ります。足の筋肉の緊張が強い場合は、足の裏側を曲げるストレッチを行います。さらに変形が続く場合はギプスで固定します。

-関節・骨・筋肉の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 AllRights Reserved.