新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

循環器の病気

心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)

更新日:

<どんな病気?>
心臓の内部は「右心室」「左心室」「右心房」「左心房」という4つの部屋に分かれていて、血液はこの4つの部屋を通り、全身を循環しています。左右の心室と心房は中隔という心筋の壁で仕切られ、それぞれを流れる血液は混じらないようにできています。心房中隔欠損症は、左右の心房の中にある中隔に生まれつき穴が開いている病気です。
左心房の血液が右心房へ流れ込んでしまうため、右心室から肺へ流れる血液の量が増え、肺と心臓に負担がかかります。赤ちゃんの頃は目立った症状は認められませんが、定期健診などで心雑音が指摘され、精密検査で診断されます。

<治療>
穴が小さく目立った症状がないときは経過を観察します。小さな穴なら1才ごろまでに自然にふさがります。穴が大きいと成人になってから心臓の機能が低下して、疲れやすいといった心不全や不整脈などの症状が見られることがあります。手術の時期は5~10才といわれてきましたが、手術技術の進歩から最近は1、2才でも安全に手術することができるようです。

-循環器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.