新生児・赤ちゃんについての話をわかりやすく説明。育児に役立つ情報満載♪

新生児・赤ちゃん辞典

*

循環器の病気

心筋症(しんきんしょう)

更新日:

<どんな病気?>
心臓は筋肉でできています。心筋症とは心筋と呼ばれる筋肉の異常によって生じる病気です。心臓の壁が薄くなったり、逆に厚くなったりして、心臓の働きが低下します。原因は十分には解明されていません。心筋症は拡張型心筋症と肥大型心筋症に大別されます。
拡張型心筋症は心臓の壁が薄くなり、心筋を収縮する力が低下する病気です。血液をうまく全身に送り出せないために、多呼吸、哺乳不良、哺乳時の発汗、体重増加不良、むくみなどが見られ、重症になるとぐったりして、不整脈を伴うこともあります。
肥大型心筋症は心臓の壁が部分的に異常に厚くなる病気です。定期健診で発見されることが多く、乳児期に目立った症状はありませんが、肥大が小児期に進行し、動悸や胸部の不快感、胸の痛み、息切れ、めまいなどを起こすことがあります。

<治療>
心筋症は症状が現れにくいため、定期健診をきちんと受けて早期に発見することが重要です。拡張型心筋症・肥大型心筋症いずれも根本的な治療法はなく、心不全に対する薬物療法と感染症予防、運動の制限などの生活指導が中心になります。拡張型心筋症ではペースメーカーや心臓移植が必要になることもあります。肥大型心筋症では肥大した部分を手術で切除する場合もあります。

-循環器の病気

Copyright© 新生児・赤ちゃん辞典 , 2017 All Rights Reserved.